2005年11月29日

遺伝しないがん

がんのうちで遺伝するがんはかなり特殊なものです。

比率からいっても全体のうちのごく一部の程度のものです。

それでは、逆に遺伝しないガンとはどういった種類のものでしょうか?



後天的な原因によりがんになってしまう場合もあります。

例えば、喫煙などの好ましくない生活習慣であるとか、環境中の化学発がん物質にさらされるといった場合です。

こういった原因で癌を発症する場合というのは、その人個人の肺や肝臓の細胞内の遺伝子に傷がつき、発症するがんであるため、子孫に遺伝するということはありません。

 お役に立ったら、今日も↓'人気blogランキングへ'の投票もよろしくお願いします!

posted by 美容健康サプリメント軟水硬水栄養料理 at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんと遺伝子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9951972
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

お役に立ったらこちらランキング投票もよろしくお願いします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。