2005年11月22日

ガンの原因の特定


以前の、それまではガンの種類ごとに様々な原因があるのではないかと考えられてきました。

その中には、ウイルスや細菌によって癌になるという「がんウイルス説」や「がん感染説」があり、それらが脚光を浴びた時代もありました。




しかし、遺伝子の研究が進んだ現在では、細胞内の遺伝子に異常が発生して、その異常が蓄積することが原因となって「がんになる」ということが立証されるようになりました。

言い換えると、ガンの「犯人」が遺伝子であることまでが突きとめられたのです。

 お役に立ったら、今日も↓'人気blogランキングへ'の投票もよろしくお願いします!

posted by 美容健康サプリメント軟水硬水栄養料理 at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんと遺伝子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9660645
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

お役に立ったらこちらランキング投票もよろしくお願いします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。