2005年06月11日

カルシウムとマグネシウム

 カルシウムはマグネシウムとやはり相関関係があります。

その比率は2:1〜3:1のバランスがベストです。

 どちらかが不足してもしっかりとした骨が形成できません。また筋肉の収縮作業でもいっしょに働きます。さらにマグネシウムは血圧の低下に、カルシウムは血圧の上昇に、相互に働きかけることで血圧を維持しています。バランスの乱れはこれらの作業全般にも影響を及ぼします。

 マグネシウムの補足ですが、イライラを静めたり、動脈硬化の予防をしてくれます。また豆類、ピーナッツや藻類、小麦の胚芽、インスタントコーヒーなどに多く含まれます。

 お役に立ったら、今日も↓'人気blogランキングへ'の投票よろしくお願いします!

posted by 美容健康サプリメント軟水硬水栄養料理 at 12:36 | 東京 ☔ | Comment(4) | TrackBack(1) | ミネラル
この記事へのコメント
はじめまして。

マグネシウムとカルシウムのバランスなんて考えたこともありませんでした。
健康のために、気をつけていきたいと思います!

トラックバックありがとうございました。
Posted by Ca at 2005年07月26日 16:14
はじめまして、Caさん。

私もえらそうに書いている割には自分自身が気をつけることを忘れてしまいがちなので、お互いに気をつけましょう!

こちらこそご訪問ありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。
Posted by Tuck at 2005年07月26日 20:56
こんにちは
カルシウムが不足、ビタミンが不足、極端なダイエット、栄養バランスの乱れた食生活では骨量が十分に保てません。
Posted by 藤村 雅之 at 2006年01月25日 08:54
藤村雅之さん、はじめまして。

たしかに、おっしゃる通りですね。なんとか忙しい中でも健康第一で暮らしていきたいですね。
Posted by 管理人 at 2006年01月26日 23:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4279639

骨の形成とストレス
Excerpt: 飲酒 ホルモン分泌のバランスを崩すストレスは、あらゆる病気の原因になるといわれます。 ストレスを過剰に感じるとストレスホルモン=グルココルチコイドというホルモン分泌が増加します。 このホルモンは..
Weblog: 骨は生きている
Tracked: 2006-01-25 08:54

お役に立ったらこちらランキング投票もよろしくお願いします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。