2006年01月29日

悪の遺伝子と善の遺伝子

悪の遺伝子のはたらきよりも、善の遺伝子が働かないことの方が実際は深刻な問題になっていきます。


わたしたちとしては、がん遺伝子をもっているということだけに目を奪われてしまいがちですが、みんなががんになる可能性をもっていると考えるよりも、誰でも潜在的にガンを抑制する力を持っていると自信を持った方がいいと思います。

参考文献:がんと遺伝子/下川哲昭

 お役に立ったら、今日も↓'ランキングへ'の投票もよろしくお願いします!

posted by 美容健康サプリメント軟水硬水栄養料理 at 13:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんと遺伝子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/12447135
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

お役に立ったらこちらランキング投票もよろしくお願いします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。