2005年12月20日

がん遺伝子はなぜあるの?

もともと、がん遺伝子がなければガンになることもなかったはずなのに、どうして生命はそんなに悪いことをしてしまう遺伝子を持っているのでしょうか?



指を誤って切ってしまった時に、傷口を繕うように自然に肉が盛り上がったりしますよね?

これはがん遺伝子が働き、細胞がある程度、異常増殖しているために起きていることなのです。

怪我がある程度治ると、もちろん、癌化を抑制する遺伝子が働いて、増殖は自動的にストップするようになっています。

 お役に立ったら、今日も↓'人気blogランキングへ'の応援投票もよろしくお願いします!

posted by 美容健康サプリメント軟水硬水栄養料理 at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんと遺伝子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

お役に立ったらこちらランキング投票もよろしくお願いします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。